HOME > 会社案内

会社案内

2018-12-11

【川島織物】
特選西陣織本袋帯
「小袖文」
名門の逸品本袋!気品のフォーマル美!
絹100%(金属糸風繊維以外)
長さ約4.35m(御仕立て上がり時)

西陣織工業組合証紙No39 川島織物謹製
◆最適な着用時期 10月〜翌年5月の袷頃

◆店長おすすめ着用年齢 ご着用年齢は問いません

◆着用シーン 結婚式・披露宴へのご参列、式典、初釜、パーティー、ご挨拶、
ご入卒・七五三のお付き添い、音楽鑑賞、観劇など

◆あわせるお着物 訪問着、付下げ、色無地など

おきもの好きの方なら、軍配のマークをよくご存知のことでしょう。
デパートや有名呉服店などにも高級品として並ぶ、西陣名門の機屋さんです。
その名門、川島織物より、卓越された意匠美に、重厚感を漂わせる逸品をご紹介いたします。

川島織物は、近代美術織物の礎を築いたとも言われております。
優れた作品を製織するために一切の妥協を許さず…
織物の研究に没頭した、川島甚兵衛の心意気。
それは、今の時代の作品にも脈々と受け継がれております。

今回ご紹介いたしますのは、揺るぎない古典柄の傑作品でございます。
繊細な箔糸が織り込まれたマットな質感のクリームベージュ地。
織り上げられた小袖模様。落ち着いた水色、柳色、ベージュ、金などの遠州緞子が雅やかなムードで規則正しく配され、そのふっくらとした唐織のボリュームが帯に立体感を持たせています。

金の豪華な面持ちに多色使いで、フォーマルなお席にしっかりと映える、
実に格調高い雰囲気に仕上がりました。

川島織物のお品でも、「縫い袋」のものと「本袋」のものがございます。
ご存知の通り、高級品にのみ許されるのが、「本袋」。
表地と裏地を同時に、輪のように織り上げる帯のことでございます。

基本的に、表の地組織と裏の地組織は同じ様にいたします。
なぜなら、表裏の織巾が合わなければ帯にならず、縫い袋のように、
表裏別々に織って後で縫い合わせるわけにはいかないからです。

表裏同時に、輪のように織り上げる本袋帯。
織り場では、織りあげつつあるお柄を見ることができません。
したがって織人の熟練が必要とされますし、大変難しい織物です。
縫い袋を織る職人さんは現在でもまだまだ居られますが、
本袋を織りこなす職人さんは、かなり限られてきております。

本袋帯と縫い袋帯を並べて見比べますと、すぐにお分かりかと思います。
その違いは、帯の両端、つまり耳の厚みでございます。
これこそが本袋帯の一番の特徴で、
縫い袋帯の半分の厚みですので、薄く綺麗にたたむことができます。
またお太鼓結びに締めていただくと、耳付きが薄いので、
前・横から見ていただいた時にお太鼓が大変綺麗に映ります。

また縫い袋帯は、表・裏の縫い目から破れる心配がありますが、
本袋帯ですと、一本の糸が輪に織れていますので破れる心配がございません。

流行すたりのない確かな意匠は、末永くずっと受け継いでいっていただけるもの。
黒留袖、色留袖、訪問着、付下げ、色無地などのコーディネートでお楽しみくださいませ。

ご存知のように、川島織物は直接百貨店などに卸していることが多く、
ほとんど値崩れしないことで知られております。
名門「川島」ならではの、素材の確かさとしっかりとした丁寧な織り味は、
お手にとっていただければすぐにご納得いただけることでしょう。

この機会をぜひお見逃しなく、末永くご愛用くださいませ。
袋帯のお仕立てはこちら
(綿芯お仕立て) (絹芯お仕立て) (帯芯つきお仕立て)
撥水加工をご要望の場合はこちら
(パールトーン加工 袋帯)
(ガード加工 袋帯)

[A0G235820QW]-[TP:阿久津]-[PS:高橋]-[CH:田中郷]-[文責:渡辺健]-[0731018]
▲ サブ画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

 
価格
138,000円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
発送日目安:C:2日から7日後
残りあと1点限りです
個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く